FC2ブログ
▼ article
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
空気
070725jinan.jpg

今日は霧の日ではなく、普通の曇りの日です。
週のうち5日はこんな空。
青空が現れるのは月に2、3日か。
もうすでに何回か書いてる気がするが、ここの空気にはほんと悩まされてます。
今年は街中で道路の補修をしていて、それが原因なのだとか。。。
出来れば外には出たくない、そんな街って・・・。

空気とか天気とかってのは歳を重ねるにつれて重要だと思うようになってきた。
小さい頃は、母親が毎朝天気の事を言うのをうざったいと思って聞いていた気がするし、
サッカーしてた頃は、暑いと練習きついなとか、雨だったら室内かなとか、まあ自分にとって天気ってのはそんなもんで。
秋が来ると憂鬱になるとかそんな感受性は持ち合わせていないけど、天気や空気と気持ちってのは連動するものです。

それからもう一つ、空気のエピソード。
大学院の時、建築家室伏次郎さんの設計の授業の初回。
彼は教室に入ってくるなり窓を開け、「建築家を志すものがこんなに汚れた部屋の空気を気にしないなんてだめだ」と、僕たち生徒に説教を始めた。
これは大学時代に教わった事の中ではかなり心に残っている事。
以来、室内の空気には少なからず敏感になっていると思う。
環境面だけで空間が評価されるべきではもちろん無いけれど、建築家として熟慮すべき点である事は間違いない。
北京で輻射熱暖房の生活の経験から言って、ハウス&アトリエワンは間違いなく気持ちがいい、いい建築だと思う。



あー、はやくうまい空気が吸いたい。
27日から日本です。
スポンサーサイト
建築 | Trackback(0) | Comment(0)
<<7/27-8/1 / Home / 豪雨>>
Comment
Comment form












Trackback
http://utn.blog16.fc2.com/tb.php/172-415e426b
Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。