▼ article
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
多摩美図書館
おひさしぶりです。

今日気づきましたがapple store Japanの学割のページに、多摩美図書館が使われてますね。
内部の天井がごく一部映ってるだけで、それとわかる。
同じような経験をいうと、f.o.a.の客船ターミナルも、よく広告とかPVとかで使われてるけど、折半の天井が1瞬見えただけでそれとわかる。
ただ単純に他に無い、という風にも言えるけれど、果敢な試みに成功したからこそ現れている緊張感みたいなものが両者にはあると言える思います。
最たる例は代々木体育館でしょうか。

多摩美は、前回帰国した11月に実際に見に行きました。
外壁面は面一であることによりより境界性を示しているにも関わらず、床は敷地の起伏に合い、天井は丘から奥へと引き込む魅力を持ち、
非連続的であると同時に連続的であるような、外からガラス面に近づくときに覚えた感覚がすごく面白いと思った。
なんというか、現実から非現実へと段階的に近づいているというか。(普通はいきなり入り込まされてしまうのだけど)
唯一引っかかる点は、アーチというわりには天井がなぜフラットなのかという事ですが、久しぶりに訪れて興奮を覚えた建築でありました。

この多摩美もメディアに多用されそうに思います。

P1160197.jpg

建築 | Trackback(0) | Comment(3)
Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。