▼ article
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
2006年のCCTV
2006年年の瀬です。
慌ただしくあっという間に過ぎていった11月12月の間に、CCTVもまた急に成長した気がします。
18階EVホールの窓からしっかりと姿が確認できるまでになってきた。


061228jianwai.jpg


印象は、菱形の構造の間を通る縦材が意外と強く見えるのだなということ。
パースではこの縦がうすく表現されていて純粋にメッシュの構造に見えるのだけど。
ジョイント部分の面材も目立つ。
外装によってこれらを隠していったとき、最終的にどう見えるのか、気になる。

ココで、寄った写真が見れます。


建築 | Trackback(0) | Comment(2)
ネット環境
ネットが遅い。
とてつもなく遅い。

Yahoo!のトップページの表示に数秒かかり、
今旬のYouTubeは1度通しで再生しないと見れない。
前に画期的だと書いたLast.fmは実は途切れ途切れで聴けたもんじゃない。

速度の問題だけでなく、政府の規制もやっかい。
なんとウィキペディアがつながらない。
建築人必読のdezain.netも最近つながらなくなった。
特に後者は中国にどんな不利益をもたらすのか、全く不明だが、
情報サイトはやはりターゲットになりやすいらしい。

そんな中、けがの功名と言うべきか、ウィキペディアの代役を発見。
「weblio」
そのウィキペディアも含め、相当な種類の辞書が集合している総合辞書サイト。
ねじ用語集やらタクシー業界用語辞典などマニアックなものから、ビジネス系や時事系も網羅。
検索をかけた単語に対して複数の辞書の内容を同時に表示してくれる。
リンクの表示ではなく各サイトの全文引用であるから、つながらないウィキペディアの内容も知れるし、また一つの情報源に偏らずに情報を仕入れる事ができる。
おまけにamazonより関連本の紹介まで出て来る。

中国のネット環境には甚だいらいらするけれど、ネットの進化ぶりには日々関心するばかり。
ともかくこいつはお勧めです。
中国 | Trackback(0) | Comment(6)
さようなら氷川丸
横浜マリンタワーと氷川丸が今年12月25日をもって営業を終了する。
さようなら「氷川丸」
この見出しと記事にはいたたまれない気持になったけど、
両施設とも保存の方向ということで、とりあえずほっと安心。

最後に中を訪れたのは小学校も低学年くらいの頃だったと思う。
山下公園やその付近にはその後数え切れないほど足を運んでも、お金を払ってその中に入ることはなかった。
たぶん僕を含めて多くの横浜市民がそうだろうし、観光客もMM側へと移動している近年、このような事態になるのは仕方が無いことなのだろう。

MMやポートサイドの開発がいくら進んでも、横浜の顔はいつまでも山下公園だと僕は思う。
その山下公園の横浜らしさの支柱で有るのがマリンタワーと氷川丸だ。
東京タワーほどに意識されるシンボルでは無く、
デートで使えるようなお洒落スポットでも豪華客船でも無い。
客船ターミナルに僕の心が奪われても、それはいつも背景として映っていたし、今後もそうあるべきだと思う。

マリンタワーは横浜市に譲渡され今後改修、氷川丸は日本郵船に譲渡され今後の運営は未定のようだが、ひとまず大間違いな事態にならなかった事に感謝したい。
横浜市政はこういうところは信頼できる判断をしてくれる。


25日、氷川丸は3度の汽笛をもって幕を閉じるとのこと。
それはひとまずであり、今後も横浜の顔として在り続けてくれる事、願います。

20061207-04885802-jijp-soci-view-001.jpg

日本 | Trackback(0) | Comment(2)
Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。