▼ article
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
新事務所
出張の翌日、事務所の引っ越し。
北京に来てもうじき丸2年。
これで3つめのオフィス@建外SOHO。
仕事が増え、人が増え、ものが増え、
明らかな成長に伴い、徐々に広い場所へと移動している。

約200平米の3LDK。
小さく分けられた個室や厨房は、
図面で見るに、事務所としては使いにくいかと思っていたけど
なかなかどうして、
模型室に、ちょっとした打ち合わせの小部屋に、
おやつやお茶の空間に、と、
パソコンを並べた作業部屋以外の充実度がなかなかよい。

さらに気に入ってるのが18階からの眺め。
共用部からも含めて、北京を4方向見渡せる。
4層吹き抜けの一番上というのもすごく気持ちがよい。


0425banja.jpg

未分類 | Trackback(0) | Comment(3)
060420/21済南
済南に2日間の出張。
いや、ほんとはそのまま2ヶ月ばかり常駐するはずだった。
モデルルームの現場監理に。
が、しかし・・・。

事件事件。
またも起きる。
振り回されっぱなしで萎え気味であった最近。
でも凹んでたらやってけない。
そんなボディーブローを間髪入れずに打ちまくるのが
中国の施主。
敷地変えた数時間後に、「新しい図面早く」って。。。

まあでも実際行くのは時間の問題。
さて我ひとり、この強者たちに立ち向かえるのか。


0421jinan.jpg

中国 | Trackback(0) | Comment(2)
黄砂
4/17(月)
朝起きると、何やら景色が黄色い。
夜中に黄砂がまったようだ。
建外SOHOもこんな様子。
白い建物には厳しい。


kousa060417.jpg
中国 | Trackback(0) | Comment(2)
オーラ
建外SOHO内にある仮囲いの一部分。
潘石屹(パンシーイー)と工人(施工人)たちの写真。
建外SOHOほか、万里の長城の別荘群や
その他ザハ・ハディドなどの超有名建築家と恊働する
中国随一のディベロッパー、SOHO CHINAの総裁。


pan060416.jpg

「我々が汗水垂らしてCBD(中央ビジネス区)をつくっている」
といううたい文句とともに総裁と工人たちが現場で一緒に映る写真は、
かなりベタというか嫌らしいなとは思うが、
この屈託の無い笑顔のこの人、
1度実際見たことがあるが、ただならぬオーラを持つ。

農民の家出身という背景は、かの有名な建国者にだぶる。
元々土地も金も持っていなかっただろう男が
中国随一のディベロッパーに成長するという経緯は
なかなか想像するに難しい。

人物の写真を撮ることでも有名なのだが、
全身からにじみ出る人柄・・・
オーラというのは、強くまぶしいもののみではない。
柔らかく人をひきつけ、それでいて華がある、
この男がつくった会社だと聞けば、納得ができるかもしれない。

ちなみに日本のメディアにも良く出る張欣(チャン・シン)は彼の妻。
これからも建築界を騒がせる仕事をするだろうと思う。
中国 | Trackback(0) | Comment(5)
パソコン
4/20より、中国国内でパソコンの値段が上がるらしい。
なぜか・・・。

今中国ではなんと、ビックカメラみたいな大手電気やその他パソコン専門店においても、
OSその他アプリケーション全般、コピー版を堂々とインストールして売っている。
それらはただみたいなもんだから、パソコンそのものの値段のみで、オフィスやらAutoCadやら3Dmaxやらがついてきた。

それにようやく規制がかかったらしい。

高価なアプリはつけないにしても、OSはさすがにいれて売るわけで、
それで値段が上がるとのこと。

そうか、偉いぞ中国。
っていやいや、すごい話だ。
中国 | Trackback(0) | Comment(0)
モデルハウス
中国で大規模な建築工事を行う場合、施主が最大の権力者になる。
例えばディベロッパーの中に、工事の工程部という組織を編成し、
現場の統率を行う。
日本ではゼネコンが受ける業務も全部施主の仕事。
つまりお金を出すのも施主ならば、工事費その他ふくめて
全部管理をするのも施主。
しかも、トップの権力が抜群に強い。

「今月20日にモデルルームをオープンする」
施主のトップから出た、昨日の命令。
今やっている集合住宅のモデルルーム兼販売センターを
つくるわけなんだけど、
3月の出張で話が初めて出てから、敷地が変わること2回。
(1/20の模型をつくった翌日に、敷地が変わった。。。)
つい10日くらい前に敷地がFIXしたばかりなのに、
あと、2週間って。。。

設計も終わってないし、今から鉄骨建方開始したとしたって、
絶対無理!と答えるも、折れない彼ら。
24時間施工!という中国に、万が一の可能性があるのかも、
と思いボスにこぼすと、
「1%の可能性もない。」

ふ~。

ほかにもいろいろある無茶な要求。
その無茶が今のスピードの原動力なわけだけど。。。

うまく賢くつきあっていかなければ。
中国 | Trackback(0) | Comment(0)
Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。